「PREY」謎に満ちたストーリーと緊張感が魅力のおすすめPCゲーム!オープンワールドのマップを探索するだけでも楽しい!

PREYってどんなPCゲーム

 

PREYは2006年に発売された同名の人気ゲーム「PREY」のリブート的作品となっていて、続編ではないため本作から始めても問題はありません。なお本作はsteamで配信されています。ジャンルはFPSに当たります。
舞台となるのは「タロスI」と呼ばれる宇宙ステーションで、史実とは異なる歴史を歩んだ一種のパラレルワールドのような世界観になっています。ホラーとSF、2つの要素が絶妙に入り混じっていて、独特な雰囲気を形成しています。
プレイヤーは主人公のモーガン・ユウを操り、「タロスI」で突如として発生した異常事態の解明に挑んでいくというストーリーです。宇宙ステーションという閉鎖された空間内には正体不明の生命体ティフォンが溢れており、主人公は同じく正体不明のジャニュアリーに従いながら、ゲームを進めていくことになります。
まるでSF映画のような設定と濃密なストーリーが本作の特徴であり、謎の生命体にいつ教われるか分からないハラハラドキドキの緊張感こそが最大の醍醐味と言えるかもしれません。

 

基本の遊び方

 

PREYでは宇宙ステーションを探索して敵を倒しつつ、ストーリーを進めていくのが基本的な流れとなります。敵となるティフォンの中には擬態を得意とする者もいるため、いつやられるか分からないという緊張感があります。
マップとなる「タロスI」はオープンワールドの非常に広い空間になっていて、複数のエリアに分割されています。最初からすべてのエリアに行けるわけではなく、必要なアイテムを手に入れなければ、開放されない場所もあります。ですが開放されているエリアの範囲内であれば自由に動くことができるため、プレイヤーの好きに行動することが可能です。
また本作は非常に自由度が高く、先に進む手段がいくつも用意されています。たとえばアイテムを使って解除したり、スキルを使用して突破したりなど、プレイヤーの自由な行動で謎を解き明かしていくことが可能です。こうした手段は一種のパズル要素だとも言え、プレイヤーの頭脳が試される瞬間でもあります。
さらに本作ではプレイ中にいつでも難易度を切り替えられるようになっているため、FPS初心者でも安心してプレイできます。

 

アイテム関連の独自システム

 

PREYでは様々なアイテムが登場します。敵を倒すために必要な銃弾から傷を治す医療キット、さらにはバナナの皮やちり紙などといったヘンテコなものまであります。探索中に図面が手に入ることもあり、これはアイテムや武器などを手に入れるのに欠かせないアイテムです。
アイテム関連の重要なシステムとして、リサイクラーと分子成形機と呼ばれるものがあります。この2つはマップ内のどこかに設置されていて、リサイクラーはアイテムを合成素材に変える装置で、分子成形機は合成素材を元に様々なアイテムを生み出す機械です。この分子成形機の利用に図面は必須なアイテムとなります。
このように本作では探索するだけでなく、自らアイテムを作り出すこともできるのです。

 

豊富な武器の数々

 

PREYにはティフォンを倒すための武器がたくさん登場します。基本的にはFPSなので、ショットガンやピストルなどの銃系の武器が多いです。ですが近接系の武器、たとえばレンチやスタンガンなども用意されています。
また本作では弾丸の数はあまり多くなく、弾切れになった場合は探索か合成かで補充しなければなりません。その代わり、弾切れのない武器も複数存在しています。それぞれの武器には一長一短があるだけでなく、敵の撃破以外にもゲームの進行に役立つものも少なくありません。
武器をいかに活用していくかが、本作を攻略していくうえでのポイントになるでしょう。使い方はユーザーのアイデア次第なところもあるため、自分なりの有効な活用法を探すのも1つの醍醐味かもしれません。
さらに武器は強化することで、威力を上げることができます。

 

育成要素もあり

 

PREYはキャラクターを強化することもできます。強化にはニューロモッドというアイテムが必要で、これを使うことでスキルを獲得できます。スキルはエンジニアやサイエンティスト、セキュリティなどのカテゴリーに分かれていて、スキルツリーを開放していくことで能力を獲得できるシステムになっています。
ツリーの最初の能力を会得しないと、枝分かれしたスキルを入手することはできません。つまり段階的にスキルが強くなっていくシステムになっているというわけです。
またスキルのバリエーションは非常に多彩です。たとえば倒した敵から得られるアイテムが増える解剖、壊れた機械を直す修理、プログラムに侵入するハッキングなどのスキルがあります。
このように豊富なスキルが用意されていることにより、プレイヤーのイメージに合ったキャラを作ることができます。

ティフォン相手に戦えるキャラを作るも良し、探索に特化したキャラを作成するも良しと伸ばす能力によってゲームの進め方も変わってくるので、いろいろと試してみるのも面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です