「Dying Light」ゾンビが溢れる街で生き残れ!パルクールが楽しいFPS!

どういうゲームか

 

Dying Lightはデッドアイランドなどを開発したテックランドによるFPS形式のゾンビゲームです。また、このゲームはオープンワールド形式でもあり、住民からの依頼、つまりクエストをこなしていくことによってストーリーを進めていきます。デットアイランドと大きく違う点は、移動システムにアサシンクリードといったゲームで採用されているパルクールが導入されていることです。これによって、プレイヤーは主人公であるカイル・クレインを自由を動かし建物から建物へと縦横無尽に飛び回ることができます。

Dying Lightのストーリーの導入としては、謎のウイルスによりゾンビが徘徊するようになったハラン市に、GREという組織に雇われたカイル・クレインがある任務を受け空から潜入するというところから始まります。ハラン市には大きく分けて2つの勢力が存在しており、カイルはその一方に保護されます。そこでカイルは任務のために行動していくのですが、徐々にハラン市の人々に感情移入していき、ハラン市の人たちのために行動していくようになります。

 

Dying Lightの魅力であるパルクール

 

Dying Lightではパルクールが採用されています。
これによって、基本的にはゾンビを倒して進むのではなく、ゾンビからいかに素早く逃げながら目的地を目指すというゲームです。登場するゾンビたちも序盤は動きも鈍く、振り切るのは簡単なものばかりですが、ゲームが進むにつれて動きが素早いゾンビや遠距離攻撃をしてくるゾンビ…あるいは敵対生存者などもいるため、単純に走り回れば逃げ切れるというものではありません。

このゲームは、最初は主人公の身体能力のみで逃げ切ることになりますが、スキルを成長させていくことにより、道具を使って逃げることが可能になります。例えば爆竹を使ってゾンビの気をそらしたり、トラップを設置して、逃げながらトラップを発動することによりゾンビの足止めができます。またサバイバーというスキルを極めればフックショットを使うことができるようになり、まるで某漫画ばりの立体移動ができるようになります。

Dying Lightでは逃げ続けることだけが最善ではなく、時に戦うことが必要になる場面があります。
そういう時のためにこのゲームでは多種多様な武器が用意されています。鈍器などの近接武器は勿論、弓や銃火器などの遠距離武器もあります。中でも銃火器はアサルトライフルやサブマシンガン、ショットガンやハンドガンなど様々な種類があります。また、弓の場合でも通常の矢はもちろん爆発矢などパリエーションが豊富にあります。

このような銃火器は敵対の生存者や強敵を相手にする場合は都合がいいですが、通常のゾンビを相手にする場合に使用するのはおすすめしません。何故ならこのゲームでは大きな音を立てると、動きが俊敏なバイラルという特殊なゾンビがプレイヤーの元に殺到します。この大きな音というのは銃火器での音はもちろん、車などのクラクションや、着地の際の音でもバイラルがやってくる可能性があるので、セーフハウス以外で行動する場合は、音を立てないように慎重に行動することが求められます。

 

昼と夜で切り替わるゾンビたち

 

Dying Lightの一番の特徴は、昼と夜で大きくシステム…ゾンビの挙動を始めとした様々なものが変容します。昼では、ゾンビに見つかりながら逃げてもさして問題はありません。ゾンビも鈍い個体が多いですし、たまに動きが素早いゾンビがいても少数だからです。しかし、それは夜になると一変します。夜の間はゾンビの索敵能力が上がっており、プレイヤーが点けている懐中電灯を追ってくるようになります。さらに1体に見つかると次々に他の個体にそれがリンクしていき、あっという間に素早いゾンビたちに囲まれてしまいます。

中でも注意が必要な個体はボラタイルと呼ばれています。
このボラタイルは、ゾンビがより醜悪かつ強靭に突然変異を起こしたもので、他のゾンビとは一線を画す動きをします。他のゾンビより体力が多いだけではなく、プレイヤーに飛び掛かってきて即死攻撃をしたり、遠距離からでは酸のようなものを吐いて攻撃をします。

そんな様々な危険を冒してまで夜に行動する必要があるのかということですが、その必要は十分にあります。
その理由は、夜に行動するとレベルアップに必要な経験値が2倍手に入るからです。昼ではあまり手に入らなかった経験値も、夜では障害物を乗り越えたり、ジャンプをするだけで多くの経験値を得ることができます。また、ボラタイルなどからは強力な武器強化の素材が手に入ります。

さらに、昼の間で死亡してしまうとデスペナルティが発生してしまいますが、夜の間で死亡してもデスペナルティは一切ありません。例外として、建物や洞窟などでは日の光が入らないため、夜と同じように環境になっている可能性もあります。安全を取って昼に行動をするか、効率を取って夜に行動するかは基本的にはプレイヤーの自由です。

 

まとめ

Dying Lightはパルクールシステムを採用しているため、ただ移動しているだけでも爽快感などを得られるゲームです。また、メインストーリーだけではなくサブクエストなども豊富にあります。レベルもカンストするとレジェンドといった強力な能力を手に入れるスキルが解放されたりと様々なやり込み要素があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です